本文へスキップ

地域(瀬戸市・尾張旭市・長久手市・北区)に密着した法律事務所

 TEL. 0120-0871-97

弁護士法人 瀬戸旭法律事務所

不動産問題不動産問題

マンションの管理費を滞納している人がいます。どうしたらいいですか?


マンションの管理費や修繕積立金はマンションの維持・管理に不可欠なものですが、5年で時効により消滅してしまいます。
そのため、滞納者に対しては法的手続をとる必要があります。

管理費・賃料の請求

マンションの管理費や修繕積立金は、定期金債権として、5年で時効により消滅します。
時効を中断するには、原則として裁判をする必要があります。
滞納者が増えてしまうと、マンションの維持や管理に支障が生じるため、管理組合はきちんと対応しなければなりません。
管理費の滞納が長期化している場合、判決により、マンションを強制執行することができます。

家賃も定期金債権として、5年で時効により消滅します。
賃貸経営において、家賃の滞納は大きなリスクとなるため、適切に対応する必要があります。
事情にもよりますが、一般的には3か月から6か月程度の滞納で解除が可能となります。


強制執行による回収

マンションの管理費や修繕積立金を支払ってもらえない場合、訴訟を提起します。
判決により、給料、自動車、マンションなどの財産を差し押さえることができます。
マンションを強制執行した場合、管理費や修繕積立金は、強制執行で不動産を取得した新所有者に請求することができます。

賃料の滞納の場合、滞納している賃料の請求とともに、建物の明渡しを請求する訴訟を提起します。
滞納家賃については、判決により、給料などを差し押さえることができます。
判決が出ても明け渡してもらえない場合には、建物明渡しの強制執行を行うことになります。


バナースペース

弁護士法人 瀬戸旭法律事務所

   

瀬戸事務所
〒489-0045
愛知県瀬戸市陶本町1-31-8
マルセビル3F
TEL 0561-97-0871

名北事務所
〒462-0844
名古屋市北区清水5-5-3
名北フロントビル502
TEL 052-508-8144